カテゴリー: 羽田発飛行機

羽田発の飛行機で海外へ行くのは本当に便利ですね。東京にお住まいの方はもちろん、地方在住の方にとっても、成田へのフライトは便数が極端に少なかったりアクセスに時間がかかったりすることを考えると、同じように利便性が高く、活用したいものです。

しかし、羽田発のフライトは便数が少なく、渡航先も限られてきますので、とにかく早めの予約が肝心です。
しかもマイルを使った特典航空券で、地方空港発羽田経由の便を予約するのが、もっともお得感があります。

というのは、マイレージプログラムはゾーン制になっているため、例えば東京在住者がパリへ飛ぶのも、たとえば、福岡在住者が、福岡空港発、羽田経由、シャルルドゴール空港着にした場合も必要なマイル数は同じだからです。

仮に、特典航空券を使わない場合だと、福岡から東京までの航空運賃も、当たり前ですがかかってきますよね。ところが、特典航空券ではそれが必要ないということです。

次に、地方空港から出発した場合、今、仮に福岡空港発だとすると、旅行者は福岡空港でスルーチェックインを受けることができます。
東京などの大規模な空港だと、チャックインするだけに並んで時間がかかりますよね。

長蛇の列を見るだけで憂鬱になりますが、福岡空港ではスルーチェックインをする人も少ないのでほぼ並ぶことなくスムーズにチャックインを済ませられます。
スーツケースなども、このスルーチェックインの際に、目的地まで預け入れできますので、その後身軽に行動できるのも魅力です。

また、スルーチェックインを済ませているので、羽田空港ではバス移動のあと、セキュリティチェックを通るだけで搭乗前の手続きは終了ですから、時間もストレスも少なくてすむのです。

ということで、いいことずくめの地方空港発羽田経由海外旅行ですが、やはりポイントとなるのは、どれだけ早く行動を起こせるのかということです。
特典航空券は1年前から予約を開始できますが、その時点で1年先の予定を組めれる人は少ないでしょう。

しかも、特典航空券は一度発券すると、変更やキャンセルができません。

しかし、早ければ早いほど、フライトの便も選べますし、座席も好きなとこをを確保できます。こうしたメリットデメリットを比較検討して、自分に合ったプランを見つけることができれば旅ももっとお得に楽しくなるはずですね。

ちなみにスターアライアンスでヨーロッパ方面への渡航に必要なマイル数は60000マイルから。これに燃油サーチャージなど諸経費が別途かかりますが、燃油もまだ安いこの時期に利用すれば、きっと素敵な旅になると思います。

日本国内には数多くの空港が存在しますが、多くの利用客を誇る空港なら羽田空港が有名です。

この空港では飛行機による渡航のあらゆるサービスを受ける事ができ、同時に日本の空の玄関でもあるので非常に利便性に富んだ空港になっています。
空港を利用するには航空券の予約が必要ですが、航空券にはあらゆるお得情報が潜んでいます。

一番有名なのが出発の日から75日以上前の予約をすると運賃が安くなるというプランです。
これは羽田空港のほぼ全ての便でこのサービスを提供しており、新婚旅行やビジネス等で長期的な旅行を計画している方達に非常に人気のサービスです。

またハワイやグアム等長期休暇でお馴染みの渡航プランには様々な価格帯のツアーが用意されているので、予算に合わせて渡航プランを選択できるようになっています。
中にはWEBサイトでする予約限定渡航プランも用意されており、秋頃になると既にお正月休みに合わせた渡航プランの募集が開始されている程の人気です。

また航空会社オリジナルツアーも用意されており、WEBサイト限定ツアーと比較して高額なプランですが豪華なスパ付きのホテルに泊まる事ができるので快適な飛行機による旅行を楽しむ事ができます。

この様に豊富なサービスを提供している羽田空港ですが、渡航プランによっては欠点も存在しています。
まず事前に渡航先を決めるプランに関してはほぼ全てのプランで高額な取り消しする料金が発生してしまうため、確実に渡航する計画をしないと高額なキャンセル料を払うだけになってしまうので注意してください。

またいくら事前に決めると安いとはいっても休日や祝日、長期休暇に取る航空券はどの航空会社でも高額なので十分に留意した上で渡航プランを立てるようにしてください。
ただし休日や長期休暇の場合でも渡航費用を安く抑える方法もあります。

ツアー旅行プランの中には大人数で渡航すると一人当たりの費用が安くなる物が存在しているため、自治会の旅行や社内旅行を計画する方はそれらのプランを利用して低料金で旅行を楽しむ事をお勧めします。

最近では国内線を利用する方に向けて災害のあった地域の航空券を手配すると、割引になるといったサービスプランもあるので被災地に友人がいる方はこれらのプランを利用して、再会を喜ぶための旅行を計画するのも良い方法です。

最後に飛行機を利用する人は必ずマイレージクラブに加入して、専用のポイントが貯まるようにしておく事をお勧めします。
マイレージクラブのマイルが貯まり、次回航空券を購入する時にマイルを消費すればその分安くなるのです。

そのためマイルを貯めれば普段できないような豪華な旅行を楽しむ事も可能なので、積極的に加入して空の旅を快適な物にしましょう。

旅行などに行く場合は、どの交通手段を利用するかの選択肢があります。近場であれば、中距離バス、列車や車を利用する方法があります。

近場と行っても100キロ以内になります。この場合は、飛行機や高速バスなどはありませんので、必然的に交通手段が絞られてきます。
東京から100キロ以内だと、長野県の軽井沢周辺や栃木県の那須塩原、静岡県の熱海から伊東、千葉なら館山辺りにかけての距離になります。

都内や関東近郊に住んでいる人であれば一度は行ったことがある場所ではないでしょうか。それぞれの観光地が魅力的で、夏休みや冬休みに子供を連れて行くにはもってこいの場所になります。

では、500キロほど離れた場所の場合はどうでしょうか。

東京から500キロ離れた場所は京都から大阪にかけてか、青森周辺、福井ぐらいまでが500キロの圏内になります。
この距離になると、車で行く人は少なくなってきます。なぜなら、高速道路を利用しても6時間以上はかかるからです。列車を利用する場合もほぼ新幹線になります。一昔前は夜行列車も走っていましたが、最近はほとんど走っておらず、スピードの面で新幹線にその座を譲らなければならなくなったのです。

それ以外の交通手段は高速バスや飛行機が選択肢の中に入ってきます。

飛行機の場合は、東京発の国内線ならば羽田空港が利用しやすいです。
羽田空港から各地へ行くには、予約をする必要がありますが、できるだけチケットを安くとることができれば、旅行の時の負担が減ります。

では、どのように安くチケットをとればいいでしょうか。一番いいのは、早割を使うことです。大手航空会社であれば早割を利用することができます。

早割と行ってもいくつかレベルがあります。基本的に、できるだけ早く予約をした方が安くなります。例えば、羽田から新千歳空港まで普通に利用すれば3万円弱はしますが、早割を利用することで半額になることがあります。

一番早いのは2ヶ月以上前に予約を入れる場合です。75日前までにチケットを購入すると半額ぐらいになります。

つまり、2ヶ月以上先の日程が分かっていれば、早めにとっておくことで片道の料金で往復することができるのです。

ただし、早割の場合には、一度チケットをとってしまうと変更をしたり取り消しをすることができなくなります。裏を返せば、確実にその日に搭乗すると確定している場合のみ早割を利用するのがいいでしょう。格安チケットにはこのようなリスクもありますので、要注意です。

羽田発の飛行機を簡単に予約する方法としては、インターネットを利用してのオンライン予約が挙げられます。
インターネットを利用できる環境にある人なら、この方法が最も簡単でしょう。

この方法の良いところは、どこにも出かける必要がないということです。パソコンやスマートフォンを使って居ながらにして予約をとり、クレジットカード払いにすると、それで座席確保となります。手続き完了画面で、番号が表示されますので、あとはその番号を控えて、当日に空港に向かうだけです。

空港の自動発券機にその番号を入力すれば、搭乗券が出てきます。その搭乗券で機内に入れます。飛行機に乗るために、事前にどこにも出向く必要がないというのはたいへん便利なことです。

電話で申し込むこともできます。インターネットが使えない人は、この方法が便利です。電話センターで申し込んでも、クレジットカード払いにができますので、やはり事前にどこにも出向く必要はありません。

申し込みだけして払い込みが遅れると、3日後には自動キャンセルとなります。クレジットカード払いにできれば、すぐ座席が確保できますので、安心です。

コンビニエンスストアで支払うこともできますが、そのために外出する必要があります。電話だと、空席照会や運賃照会などが、インターネットほど自由自在にはできないので、できればオンライン申し込みをしたいところです。

ただ、インターネットは普及が進んでいるとは言え、誰もが利用できるまでには至っていません。スマートフォンをなくしたとか、パソコンが壊れたなどという場合もあり得ます。
そう珍しい事態でもありません。そうしたときに、オンラインによる方法以外に電話申し込みという手段があるというのは、安心材料でしょう。

格安航空会社の登場と普及により、航空運賃は劇的に下がってきています。しかしそれは格安航空会社が乗り入れている路線であって、大手航空会社だけが就航している路線では、あまり航空運賃は安くなっていません。

大手航空会社も、早期に申し込むと割引くというプランを設定してはいますが、急に飛行機に乗らなければならなくなった場合には、正規料金の航空券しか使えないこともあります。

そんなとき、オンラインや電話で申し込みをし、クレジットカード払いにして番号だけを持って空港へ行けるなら、直前でも割安な航空券が利用できます。チケットレス化は、乗客にとってメリットが大きいものです。

羽田発の飛行機を予約する最短ルートは、オンライン申し込みでしょう。どこのサイトを使っても、すべてつながっていて瞬時に処理されるので、ウェブサイトであれば、航空会社のホームページでなくてもかまいません。

電話予約も可能ですが、電話がなかなかつながらなかったりすることもあるので、インターネットが使える場合は、オンラインを利用したほうがいいでしょう。ただ、オンラインでの申し込み方法がよくわからない場合は、迷っている間に満席になるかもしれないので、電話のほうがいいこともあります。

予約をしても、代金の決済をするまでは、仮押さえとなります。3日以内に支払いをしないと、自動取り消しになってしまいます。オンラインでも電話でも、クレジットカード払いにが最も確実です。その場ですぐ決済ができますので、座席の確保ができます。

コンビニエンスストアで支払う方法もありますが、忘れないことが大事です。外出しての支払いとなりますから、つい後回しにしてしまうこともあるでしょう。
自動キャンセルされたあとに再び申し込んでも、座席が残っているかどうかは運次第ですので、注意する必要があります。

航空会社によっては、前日の申し込みについても、割引きプランを設けているところがあります。
搭乗予定がはっきりとした時点で、すぐ申し込んだ方がいいでしょう。座席の確保のためというのが第一ですが、申し込みが早ければ早いほど、割引きされる傾向があります。

各航空会社で割引き率はまちまちですが、どこの航空会社も、前もっての申し込みについては優遇しています。大手航空会社であっても、75日前の申し込みに対し、およそ84%引きというプランを設けたりしています。

キャンセル料がかかるのは55日前からですから、たいへん利用しやすいプランとなっています。
こうした申し込みも、オンラインで気軽にできます。

座席の空き状況なども、ホームページでリアルタイムに公表している航空会社も多いです。インターネットが普及する以前も、空き状況は電話で聞くことができましたが、一覧することは当然できません。

オペレーターにひとつひとつ尋ね、その都度答えを得るというやりとりが必要でした。オンラインで自由自在に操作して、自分で空き状況が見られるというのは、とても便利です。ただ、空きがたくさんあったからといって、ずっとその状況とは限りません。
大人数のグループが搭乗することになったら、ということを常に念頭に置いて、早めに席を確保しておきましょう。